UT-topbanner-2018dareka.jpg

 

海辺に建つ古い家。初老の男と若い女。

逃れるようにやってきたこの場所で、ふたりの前に突然現れる若い男。

三角関係の話? いえいえ、人の孤独と、それゆえに他者をよすがとする人間の姿、

苛酷な自然が浮き彫りにする愛の物語。

 

ノルウェー西海岸の出身であるヨン・フォッセは、この地方の言葉であり、ノルウェーの公用語の一つであるニーノシュクで作家活動を行なっています。このニーノシュク、新ノルウェー語という意味で、言文一致運動によって生まれた文語、つまり、話し言葉としては誰も使っていない言葉なのです。そう考えると、シンプルな言葉が少しずつ変化していくこの戯曲『だれか、来る』の新しい側面が見えてくるようです。あくまで短い言葉のやりとり、それでありながら執拗に繰り返される会話は日常生活の模写ではありません。次第にあらわになる深淵。そう、フォッセ戯曲には難しいことは一つも書かれていないのに、うっかりすると深みに落とされるような、静けさと緊張感があります。ちなみに、地点の上演では、三人芝居を6人で演じることによって、スピードを倍加させています。効果はいかに!? アンダースローでは珍しい囲み舞台、空間丸ごと楽しんでいただければと思います。

 
 
作:ヨン・フォッセ
翻訳:河合純枝
演出:三浦基
 
出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気
 
美術:杉山至
衣裳:清川敦子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜
 
 
■公演日程
2019年
9月4日(水)20:00
9月5日(木)20:00
9月6日(金)20:00
9月7日(土)20:00
 
 
開場は開演の30分前
上演時間:約70分

 
 
■会場
アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 地図はこちら
 
■料金
一般3,000円 学生2,000円
 
■予約:
▽合同会社地点
WEB予約またはTEL. 080-6189-9226
 
 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会