Gambler-flyer_omote-web.jpg

 

 

 

ぼくはね、日ごとにますますあなたが好きになっていくんです。
でも、これってほとんどありえないことですよ。
こんなことがありながら、運命論者にならずにいられるものでしょうか?
だからそう、たぶん、ぜったいに勝つはずだって気がするんでしょうね。

 

『賭博者』の邦題で親しまれてきたドストエフスキーの中編小説を舞台化します。救いがたい愚かさのなかにドストエフスキー流の人間観察と文化論がちりばめられ、不思議な高揚感と爽快さがたまらない魅力の作品。「勝負に出る」ことさえ躊躇われる世相にあって、どこかノスタルジックにさえ思われる欲望渦巻く空間とタガの外れた時間を創出します。
 
音楽を担当するのはバンド「空間現代」。「台詞を分断するスラッシュとしての役目というよりは、回転するルーレット台の潤滑油として、あるいは金を巡る駆け引きの煽動者としての役割を担う音楽」を目指したという彼らの音楽とのコラボレーションも新展開を迎えています。地点×空間現代の最新形にご期待ください!
 
 
作:フョードル・ドストエフスキー
翻訳:亀山郁夫
 
演出:三浦基
音楽:空間現代
 
出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 相生翠
 

舞台美術:杉山至
衣裳:コレット・ウシャール  
照明:藤原康弘  
音響:西川文章
舞台監督:大鹿展明 

宣伝美術:松本久木 
制作:田嶋結菜 清水翼

 
■公演日程 
2022年 
1月19日(水)19:00
1月20日(木)19:00
1月21日(金)19:00
1月22日(土)15:00
*開場は開演の30分前
 
■会場 
京都芸術センター フリースペース
*当初、講堂での公演を予定していましたが変更になりました。ご確認ください。
604-8156 京都市中京区山伏山町546-2 
TEL. 075-213-1000
 
■料金(全席自由席/整理番号付)
一般 前売3,500円/当日4,000円
学生 前売3,000円/当日3,500円
 
■チケット発売日:2021年11月20日(土)
 
■チケット取扱
▽地点 http://chiten.org/reservation/
▽teket https://teket.jp/312/8946(電子チケット・クレジットカード及びコンビニ決済)
▽京都芸術センター窓口
▽ローソンチケットhttps://l-tike.com/chiten-gambler/
演劇最強論-ing(手数料無料、チケット代のみで購入可)http://www.engekisaikyoron.net/
 
主催:合同会社地点 
Co-program2021カテゴリーD「KACセレクション」採択企画
共催:京都芸術センター
 
 
原作のものがたり
ドイツの架空の街、ルーレッテンブルク。ロシア人の「将軍」とその家庭教師であるアレクセイ、将軍の愛人であるフランス人女性マドモワゼル・ブランシュ、フランス人公爵デ・グリュー、英国人実業家ミスター・アストリー、将軍の義理の娘でアレクセイが恋慕するポリーナ……。賭博の町にたむろする上流階級の人々。しかし将軍の財産はとっくに底をついており、故郷ロシアで「おばあさま」が死に、遺産が転がり込むことを期待して日々を送っている。ところが、そこに死にかけていると思われていた「おばあさま」が姿を現し、一行の目の前でルーレットによって全財産を蕩尽してしまう。ポリーナが借財により危機に直面していることを知ったアレクセイは取り憑かれたように勝負して大勝するが、ポリーナは金を受け取ろうとしない。失望したアレクセイはマドモアゼル・ブランシュに誘惑されパリへ。豪奢な生活により資産が枯渇すると、アレクセイはブランシュの元をはなれて再びルーレット場に戻っていく。