〈地点によるチェーホフ四大戯曲連続上演〉シリーズが帰ってくる!?
人気のレパートリーでありながら2015年以来封印されていた『ワーニャ伯父さん』
新配役・新演出で再びアンダースローへ!!


チェーホフが『かもめ』の次に書いたのは、47歳の中年男性、鬱憤でいっぱいのワーニャとその姪・ソーニャの物語。田舎屋敷で展開する愚痴の応酬、惨めな失敗に終わるピストル騒ぎ……。華やかさとは無縁の地味なことこの上ない語なのですが、地点版では伝説的なラストシーンの魅力もあいまって、多くの観客の心を掴んできました。地点での初演となる2007年版ではもともと5名の俳優によって演じられたこの作品が、今回どのように変化するかも見どころのひとつ。百年、二百年先の人類の幸福と重くのしかかる日常の倦怠を問う、滑稽で辛辣な物語!

 
 
作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基
 
出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気
 
美術:杉山至
衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜
 
 
2018年
9月8日(土)20:00
9月9日(日)20:00
9月10日(月)20:00
9月11日(土)20:00
=
9月13日(木)20:00
9月14日(金)20:00
9月15日(土)20:00
9月16日(日)20:00
 
 
開場は開演の30分前
上演時間:約75分(予定)

 
 
会場:アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 地図はこちら
料金:一般3,000円 学生2,000円
予約:
▶合同会社地点
WEB予約またはTEL. 080-6189-9226
▶ローソンチケット
▷ TEL. 0570-000-407(オペレーター予約10:00~20:00 Lコード不要)
▷ローソン・ミニストップ店内Loppi[Lコード: 52074]
▷演劇最強論-ing(手数料無料・チケット代のみで購入可)
 
 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会