不条理とつぶやきたくなるような事件。最悪と思われる出来事。お決まりの別れ。

それらはもはや左からでも右からでもなく、上からでも下からでも後ろからでもなく、

正面からやってくる!

 

作者自身が演劇と出会うきっかけとなったブレヒト作『ファッツァー』をモチーフに

空間現代の〈音〉と地点俳優陣による〈声〉の競演!!
 
 
AAF戯曲賞受賞作『みちゆき』(2016年)、『忘れる日本人』(2017年)に続き、初の書き下ろし作品として2018年に初演された本作。地点による松原戯曲の上演は、その後、岸田國士戯曲賞受賞作『山山』、最新作『君の庭』へと続くことになりました。松原の描く英霊たちは、例えば爆撃時の記憶を語るとともに、津波の経験を語るなど、多くの人々の生きていた時間を一身に引き受けた、どこの誰とも特定できないフィクショナルな存在。地点が舞台で模索してきた、登場人物相互の境界が蕩けているような、独特な人物のあり方に寄り添う戯曲であるとも言えます。この舞台において、言葉は舞台上の人物の間にではなく、舞台と客席の間に投げ出されます。受け手となるのは「観客」である、と松原戯曲は主張するのです。若き作家との出会いによって生まれた作品を、ぜひアンダースローで。

作:松原俊太郎
演出:三浦基
音楽:空間現代
 
出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 黒澤あすか
 
舞台美術:杉山至
衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜
 
 
◆日時:
 2020年
 12月4日(金)20:00
 12月5日(土)20:00
 12月6日(日)20:00
 ※開場は各日19:30
 
◆上演時間:約75分
 
◆会場:アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 地図はこちら
 
◆料金:一般 3,000円 学生 2,000円
 
◆チケット:11/7より予約受付開始
 1)オンライン予約 下記よりご希望日をお選びいただき、お求めください(外部リンク)
 2)TEL予約 080-6189-9226
 
◆注意事項
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場の前に、こちらをお読みください