“イプセンの再来” “21世紀のベケット”……数々の異名を持つヨン・フォッセ
本邦初上演となった『名前』『眠れ よいこよ』『ある夏の一日』から14年
三浦基が再び挑む、フィヨルドに閉ざされた孤独とエゴイズムの世界
 
 
パリ研修中にクロード・レジ演出による本作を見たことは若き三浦基にとって衝撃の体験だったといいます。日本にはまだ紹介されていなかったフォッセ作品を京都移転前の地点が連続上演したのは2004年のこと。同時期には故太田省吾氏が『だれか、来る』本邦初上演を手がけました。ちなみに、かの演劇先進国ロシアでは映画『ピアニスト』の原作者としては有名でも、劇場ではほとんど作品のかからないイェリネク戯曲に比べ、ヨン・フォッセ作品はなかなか人気の模様。波が寄せて返すような短い言葉の反復のうちに、感情の起伏、ドラマの交錯、時間の捩れが詰め込まれ、観客の想像力をかき立てる台詞が魅力なのでしょうか。ぜひ劇場で体感していただきたいフォッセの文体をどうぞこの機会に!
 
 
 
作:ヨン・フォッセ
翻訳:河合純枝
演出:三浦基
 
出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気
 
舞台美術:杉山至  
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
衣裳:清川敦子
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜
 
 
◆日時:
 2021年
 1月8日(金)20:00
 1月9日(土)20:00 
 ※開場は各日19:30
 
◆上演時間:約75分
 
◆会場:アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 地図はこちら
 
◆料金:一般 3,000円 学生 2,000円
 
◆チケット:11/7より受付開始
 1)オンライン予約 下記よりご希望日をお選びいただき、お求めください(外部リンク)
 2)TEL予約 080-6189-9226
 
◆注意事項
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来場の前に、こちらをお読みください