地点 CHITEN

 
 多様なテクストを用いて、言葉や身体、光・音、時間などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。
 2005年、東京から京都へ移転。2006年に『るつぼ』でカイロ国際実験演劇祭ベスト・セノグラフィー賞を受賞。2007年より<地点によるチェーホフ四大戯曲連続上演>に取り組み、第三作『桜の園』では代表の三浦基が文化庁芸術祭新人賞を受賞した。チェーホフ2本立て作品をモスクワ・メイエルホリドセンターで上演、また、2012年にはロンドン・グローブ座からの招聘で初のシェイクスピア作品を成功させるなど、海外公演も行う。2013年、本拠地京都にアトリエ「アンダースロー」をオープン。(法人名:合同会社地点)

三浦 基 Motoi Miura

地点代表、演出家。1973年生まれ。桐朋学園芸術短期大学演劇科・専攻科卒業。 1996年、青年団(平田オリザ主宰)入団、演出部所属。1999年より2年間、文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリに滞在する。2001年帰国、地点の活動を本格化。2005年、京都へ拠点を移す。著書に『おもしろければOKか? 現代演劇考』(五柳書院)。2008年度京都市芸術文化特別奨励者。2010年度京都府文化賞奨励賞受賞。2011年度京都市芸術新人賞受賞。2017年読売演劇大賞選考委員特別賞受賞。
現在、京都造形芸術大学客員教授。
Miura_original.jpg
 

安部聡子 Satoko Abe

 
福岡県生まれ。早稲田大学在学中から映画制作グループひぐらしで自主映画製作に携わる。16mm映画『恋のたそがれ』(山口貴義監督、1994年)出演を機に俳優を志す。2年間の会社勤めの後、1992年より平田オリザ主宰の劇団「青年団」に入団。以降、舞台俳優として活躍する一方、映像分野においては、市川準監督作品に継続的に参加するなど、数多くの映画及びテレビCFに出演。三浦基演出作品への初出演は、『地点2〜断章・鈴江俊郎』(2002年)。 2005年、地点の俳優として演劇活動の拠点を京都に移す。

石田 大 Dai Ishida

 
千葉県生まれ。桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業。同窓に三浦基。1995年、劇団「俳優座」に入団。千田是也演出『カラマーゾフの兄弟』で初舞台を踏む。以後、国内外で数多くの舞台に出演。イオン・カラミトル(ルーマニア)、ウィリアム・ガリンスキー(イギリス)など、海外の演出家との共同作業も多い。2004年、ヨン・フォッセ作『名前』で、初めて三浦基演出作品に出演。2005年、地点の俳優として演劇活動の拠点を京都に移す。

小河原康二 Koji Ogawara

 
東京都生まれ。青山学院大学経営学部在学中より演劇活動を始める。1995年、平田オリザ主宰の劇団「青年団」に入団。三浦基演出作品への初出演は、松田正隆作『海と日傘』(1997年)。以降、『三人姉妹』(2003年)、『ある夏の一日』(2004年)に出演。 青年団の公演のほか、東京での主な出演作品に、『城』(2005年、松本修演出)、『さようなら僕の小さな名声』(2006年、前田司郎演出)、『シフト』(2007年、松井周演出)、『ある女』(2012年、岩井秀人演出)など。2013年、地点の俳優として演劇活動の拠点を京都に移す。

窪田史恵 Shie Kubota

 
大阪府生まれ。京都教育大学教育学部入学と同時に演劇活動を開始。伊丹市立演劇ホールが長年に渡り普及事業として展開していた「AI・HALL演劇ファクトリー」6期生。大学卒業後は劇団「ロヲ=タァル=ヴォガ」に所属し、同劇団の作品に出演する。オーディションを経て出演を決めた『かもめ』(2007年)で三浦基演出作品に初参加。その後、『三人姉妹』(2008年、三浦基演出)、『ディクテ』(松田正隆演出)等への出演を経て、2009年より地点所属。

小林洋平 Yohei Kobayashi

 
山梨県生まれ。専門学校舞台芸術学院演劇本科卒業後、1998年、劇団「青年団」に入団。同年、三浦基演出作品『地点~四戯曲による二本立て構成』に出演。青年団時代の主な出演作品に『東京ノート』、『南島俘虜記』(いずれも平田オリザ作・演出)、青年団プロデュース『月の岬』、『雲母坂』(いずれも松田正隆作、平田オリザ演出)、青年団日韓交流企画『不眠症』(パク・チェミン演出)など。2005年、地点の俳優として演劇活動の拠点を京都に移す。

田中祐気 Yuki Tanaka

 
愛媛県生まれ。京都造形芸術大学舞台芸術学科在籍中に、学内の授業発表公演『おれはそもそも……見られてさえいるんだろうか?』(2013年)で三浦基演出作品に初出演。『三人姉妹』『茨姫』(ともに2015年)、『スポーツ劇』(2016年)、『ロミオとジュリエット』、『忘れる日本人』(ともに2017年)を経て、2018年4月より地点所属。ほか、主な出演作品に木ノ下歌舞伎『三人吉三』(2014年・2015年、杉原邦生演出)など。

麻上しおり Shiori Asagami

 
東京都生まれ。高校時代に演劇を志し、早稲田大学在学中、山田うん氏との出会いをきっかけに踊りはじめる。卒業後、ドリフターズ・サマースクール、映画美学校、無隣館にて舞台芸術を学ぶ。これまでに鮭スペアレ、大橋可也&ダンサーズ、ソ・ヒョンソク演出作品などに出演。劇団員オーディションを経て、『どん底』(2017年)、『正面に気をつけろ』(2018年)で地点作品に出演。2018年4月より地点所属。

田嶋結菜 Yuna Tajima

 
地点制作。1980年神奈川県生まれ。国際基督教大学(ICU)卒業後、青年団・こまばアゴラ劇場に勤務。アトリエ春風舎のこけら落とし作品として上演された『三人姉妹』(2003年)以降、すべての地点作品及び三浦基演出作品に関わる。2005年、地点の制作者として演劇活動の拠点を京都に移す。2007年までの京都芸術センター勤務を経て、地点の専属制作者に。