HOME > Theater Company CHITEN
劇団CHITEN

撮影:清水俊洋

from DICTEE

  • #京都芸術センター
  • #テレサ・ハッキョン・チャ

記憶を蘇らせよう。娘でもある語る女に、
大地の下から次々と現れ出る彼女たちとともに、
湧き上がる泉を蘇らせるのだ。
乾いてしまう前、書くのをやめてしまう前
インクは最も濃く黒々とあふれ出る。

作品概要
「DICTEE」はコリアン・アメリカンのアーティスト、テレサ・ハッキョン・チャの自伝的エクリチュール。詩とも散文とも言えないこのテキストには、複数の言語を生きた彼女自身の生と、日本の侵略による母の世代の苦しみとが、ときに断片的に、ときに別のモチーフを伴って散りばめられている。原作を再構成し、松田正隆による台詞の書下ろしにより舞台化。

雨を聞き分けることはもはや不可能だ。
もはやできない。聞こえたものはどれなのか。
白鳥。発話。記憶。

———テレサ・ハッキョン・チャ『ディクテ』池内靖子訳より

『ディクテ』を読んだ時、このような声にならない声がうねっていた。
私は、この声を舞台で俳優という人間の身体を通して、見たい、聞いてみたいと思った。
『ディクテ』から演劇を導くということは、
俳優という人間を〈ノンフィクション〉の存在とする作業に他ならず、
それは私自身の演劇への希望と危機感のあらわれそのものだ。

三浦 基
出典:チラシ

  • 2005
    日程・会場
    2005.10.18-28 京都芸術センター フリースペース
    原作
    テレサ・ハッキョン・チャ『ディクテ』(池内靖子訳、青土社)
    台詞
    松田正隆
    演出
    三浦基
    出演
    安部聡子 
    谷弘恵 
    広田ゆうみ 
    兵藤求美 
    山本陽子 
    米田晋平
    スタッフ
    舞台美術:杉山至×突貫屋
    照明:吉本有輝子
    照明操作:高原文江
    音響:堂岡俊弘
    音響操作:奥村朋代
    映像:山田晋平
    衣裳:堂本教子
    演出助手:村川拓也
    宣伝美術:京
    制作:上田千尋、筒井加寿子、本郷麻衣
    企画:橋本裕介、丸井重樹
    京都芸術センター演劇製作事業 演劇計画2005
    主催
    京都芸術センター
    助成
    財団法人地域創造
    アサヒビール芸術文化財団
    芸術文化振興基金
    財団法人セゾン文化財団
    (社)私的録音補償金管理協会(sarah)
関連コンテンツ

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください