HOME > Theater Company CHITEN
劇団CHITEN

2020 KAAT神奈川芸術劇場 / 撮影:松見拓也

君の庭

  • #KAAT神奈川芸術劇場
  • #松原俊太郎
  • #ロームシアター京都

沈黙と禁忌を破った娘は、ついに王を訴える。恋人が加勢し、侍従が引き止め、一般人が乱入し、王は思い悩む……これは混線するリアリティショー? それとも繰り返し再生されるテープレコーダー? 嘘のような現実を見ているのはいったいどこの誰なのか、法から逃れんとする「ファミリー」は果たしてどこへ向かうのか。

作品概要
『忘れる日本人』『山山』に続く松原俊太郎戯曲の上演。常に日本人と日本社会を考えてきたシリーズ集大成ともなる本作は、平成から令和へと元号が変わり、コロナ禍を経験するなかで書かれ、制作さた天皇制についての作品。感染症で上演中止になる可能性を考慮し、舞台中継ではなく、あらかじめ撮影・編集された映像による舞台版とはまったく異なるオンライン版を配信。津々浦々の方言をコラージュした舞台版の台詞に字幕を付し、映像ならではのギミックを楽しめるよう作り込んだ。ベルギー在住のデザイナーが来日できなかったため、オンラインでフィッティングを行っての衣装製作、数々のPCR検査等、感染症と戦いながらも、全ステージを無事やり遂げた。
  • 2020
    日程・会場
    2020.9.14-10.18 オンライン版(京都版9.14-10.18 / 豊橋版9.26-10.18 / 神奈川版10.1-10.18)
    2020.9.14-22 ロームシアター京都 ノースホール
    2020.9.26-27 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT アートスペース
    2020.10.1-11 KAAT神奈川芸術劇場〈大スタジオ〉
    松原俊太郎    
    演出
    三浦基
    出演
    安部聡子 
    石田大 
    小河原康二 
    窪田史恵 
    小林洋平 
    田中祐気 
    スタッフ
    舞台美術:杉山至
    衣裳:コレット・ウシャール
    衣装製作:清川敦子
    照明:藤原康弘
    音響:稲住祐平(KAAT神奈川芸術劇場)
    映像:松見拓也 
    オンライン版撮影協力:嶋田好孝(Actual Inc.)
    舞台監督:大鹿展明 川村剛史(ロームシアター京都) 山口英峰
    配信サービス:PIA LIVE STREAM            
    ビジュアルイメージ:松本久木
    宣伝美術:南琢也
    制作:田嶋結菜 清水翼
    主催
    ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市(京都公演) 
    公益財団法人豊橋文化振興財団(愛知公演) 
    KAAT神奈川芸術劇場(神奈川公演) 
    制作 
    地点 
    共同製作
    ロームシアター京都
    穂の国とよはし芸術劇場PLAT
    KAAT神奈川芸術劇場
    助成
    文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
    独立行政法人日本芸術文化振興会

 

 

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください